高速サンプリング高分解能を持った国産A/Dボード

ExpressConverter 高速アナログ(デジタイザ)製品
Express converter

 アバールデータの高速アナログボード[ Express Converter ]シリーズは、20Msps〜1Gsps帯域のサンプリング速度を要求される計測機器や検査機器、通信機器用途に対応するために開発されたA/D変換ボードシリーズです。
 高速ADCデバイスとアバールデータのPCI Express IPコア技術の組み合わせで、高速なサンプリングから取りこぼし無くPCへデータ転送することを実現しています。用途による様々な使い分けを可能にする複数の転送モードや様々なトリガ設定を標準で搭載。シリーズ製品には、搭載FPGAの一部をユーザーに開放し、ユーザーの目的に合わせたカスタマイズも可能にしています。
 海外製品が主流となっているなか、高速ADCボードの日本国内メーカーとして、サポート面でも、 安心いただけるバックアップ体制を提供いたします。

高速データ転送モード

Express Converterシリーズには、高速データ転送のために『ストリームモード」と「シーケンスモード」2つのサンプリングモードを搭載しています。

 

 

◆ストリームモード◆

連続したデータ取り込みが可能なモード。

 
 
 

◆シーケンスモード◆

シーケンスモード

トリガ条件を順次実行するモード。

FPGAがカスタマイズ可能

Express Converterシリーズには、ボードに搭載されたFPGA上に、お客様の信号処理を搭載することが可能な製品もあります。ツールやサンプルデザインを含んだ開発キットもご用意しています。

FPGAカスタマイズ

 

アナログ信号を鮮明に再現

サンプリング速度が速いことで、アナログ信号をより細密に再現することができます。

入力信号:sin波 80MHz

1)400MSps(APX-5040)
サンプリング画面400MHz

2)2GSps(APX-5200) 
2Gsps

ソフトウェア開発環境を提供

Express Converterシリーズでは、ソフトウェア開発キットとして、WindowsやLinuxのドライバ・ライブラリを用意しています。また、評価ツールも用意。ボード制御から波形表示、AIPログ、パフォーマンス表示、連続保存などが実行できすぐに使える環境を揃えています。

A/D用の評価ツール:
AWP-ADCTOOL-01

A/D用の評価ツール

アプリケーション開発前に、H/Wの評価や制御を行うために、購入後直ちに評価していただくための評価ツールを用意しています。
詳しくは→

 

 

A/D LabVIEW用 VI サンプル:
AWP-ADCLV-01

A/D LabVIEW用 VI サンプル

LabVIEWからH/Wを操作するためのLabVIEW用サンプルを用意しています。 LabVIEW VI サンプルは機能毎(SDKのAPI毎)にVI化され、LabVIEW上で詳細な操作が可能です。
詳しくは→

多彩なトリガ条件に対応

アナログトリガ

◎ Edge Trigger

閾値(以上/以下)を条件

◎ Pulse Width Trigger

いずれかの閾値(上限/下限)とパルス幅(未満/以上)を条件

外部トリガ

◎ LVTTL Signal Level Trigger

アクティブ・エッジを条件

ソフトトリガ

アクティブ・エッジを条件

可変トリガポジション

アナログトリガ/外部トリガ条件で任意のサイズを格納可能。(Perトリガ/Postトリガ/Delayトリガを任意で設定可能)

アナログトリガ

可変トリガポジション:アナログ

外部トリガ

可燃トリガポジション:外部トリガ

 

◎Pre Trigger

トリガ条件以前のデータを保存

◎Post Trigger

トリガ条件以降のデータを保存

◎Delay Trigger

トリガ条件以降のデータを保存(トリガ条件より設定時間経過)

Express Converter製品
ラインナップ

◎1Gsps/分解能12bit/2チャンネル:APX-5200A

◎400Msps/分解能14bit/2チャンネル:APX-5040

◎200Ksps/分解能16bit/2チャンネル:APX-520

サンプリング装置と解析装置を分離!
高性能A/Dと長距離高速転送を
組み合わせたADO-1616

サンプリング装置を解析装置と分離。離れた場所からデータを収集しなければならない環境に最適な製品です。データ転送には高速光通信(GiGA CHANNEL)を使用。最大で8台(32ch)のデータを1台の解析装置で処理可能にします。
詳しくは→

ADO-1616の接続構成
ADO-1616-BOX