その他
画像処理装置/カメラ
インテリジェントラインセンサカメラ
ALI-7000
生産終了
4.7μm×4.7μmのピクセルサイズ。解像度7450画像(40MHz)、分解能8bitのセンサ部を持ったインテリジェントカメラ。

rohs対応

製品の特長: 
ラインセンサ部(7450画素)に入力された画像データに対しハードウェア(FPGA)による前段画像処理とソフトウェア(CPU)による処理を一台で実現。画像処理結果をEthernetで出力するスタンドアロン構成のインテリジェントカメラです。Ethernetでカメラと繋がった制御用PC側のサンプルソフトも用意しております。また、カメラ同士を並列運転用コントロール信号で繋ぎ、複数台カメラを並べる事で広い領域を一度に検査できます。ソフトウェア部をターゲット別に組み替える事で様々な専用画像処理システムに活用できます。
製品の主な仕様
型名 ALI-7000
センサ部 解像度 7450画素(40MHz)
ピクセルサイズ 4.7μm×4.7μm
分解能 8bit
最小スキャンレート 192μ秒
マウント Fマウント
処理/制御部 CPU MPC8349(500MHz)
メモリ 256Mバイト
前段画像処理 FPGA(ワークメモリ/2Mバイト)
インターフェース Ethernet 1000Base-T/100Base-TX
フォトアイソレーション 入力4点/出力4点
カメラ制御用エンコーダ信号入力 RS-422(ラインドライバ) A/B/Z相入力、1MHz(MAX)
並列運転用コントロール信号 ScanSync、StartSync、EncPreset、EncComp
使用環境 電源 DC12V ±0.5V
(Max:1A)
動作温度 0~40℃
動作湿度 35%~85%
結露無きこと
外形寸法 65mm×65mm×210mm
 ※レンズ、突起部含まず
応用製品:無地欠陥検知装置

ソフトウェアパッケージAZP-ALISV-01を使って、ALI-7000をガラス/フィルム/紙/金属シート等の無地欠陥検出用途に使用する製品です。3×3フィルタリング及び三値化ランレングス生成をFPGAで処理、検査目的の画像に変換してから、設定した欠陥条件を元に形状判別処理をCPUで行い、検査結果をEthernet経由で制御用PC側(スーパーバイザー)に送ります。制御用PC側で、カメラの設定・稼動状況の確認・欠陥条件の設定・検査結果の確認等を行なうサンプルアプリケーション(ソースコード付き)も提供しています。
詳しくは→AZP-ALISV0-01

その他の資料
注釈: 

◎記載された仕様及び外観は予告無く変更される場合が有ります。
◎消費電流には突入電流を含んでおりません。
◎正しく製品をお使い頂くため、ご使用の前に必ず取扱説明書をお読みいただき、製品保証範囲内でご使用ください。

TOPへ