PCI Express
画像入力ボード
Camera Link I/F対応ボード
APX-3318
生産終了
APX-3318はCameraLink規格Base/Medium/Full Configurationカメラに対応した PCI Express Busのフレームグラバボード。オンボードのDDR2 256MByteメモリにより、 CameraLink規格 最大の85MHz×80bit画像データを破綻無く取り込むと共に、 PCI Express Bus経由で高速にPCのメインメモリへ転送します。

rohs対応 カメラリンク対応 メガFIFO搭載

製品の特長: 
CameraLink規格Base/Medium/Full Configurationカメラインターフェースに対応しています。
Basler社A504相当の10tapx8bitカメラの連続画像入力が可能です。
マルチTap出力カメラに対応する画像並び替え機能を搭載しています。
画像バッファとしてDDR2 256MByteのメモリを搭載しています。
エンコーダ信号入力(RS-422)による画像入力制御が可能です。
画像入力制御/エンコーダ開始用外部トリガ(TTLまたはオープンコレクタ)を装備し、 外部タイミングでの画像入力開始が可能です。
外部機器とのI/F用に汎用入力ピン(TTL入力)、汎用出力ピン(オープンコレクタ出力)を備えています。
ソフトウェア:専用SDKを提供(SDK-AcapLib2)
製品の主な仕様
型名 APX-3318
対応カメラ CameraLink
モノクロ/ カラー
エリア/ラインカメラ
画像入力 I/F:CameraLink Base/Medium/Full Configuration
サンプリングクロック 85MHz(MAX)80bit(MAX)
画像データ RGBカラー:24bit
モノクロ:8/10/12/14bit(1/2/4/8/10TAP)※1
同期出力
(カメラ制御信号)
CC1 ~ CC4
汎用出力 1ch
同期入力 外部トリガ
(TTL/オープンコレクタ/差動信号RS-422 )
エンコーダ RS-422(ラインドライバ)
A相、B相、Z相 1MHz(MAX)
32bitカウンタと32bit/16bit比較レジスタ、各1組搭載
(比較レジスタ一致で画像入力トリガ)
汎用入力 TTL/オープンコレクタ
メモリ 256MByte
その他機能 カメラコントロール用シリアル通信(仮想COM)
システムバス PCI Express1.0 Gen2(2.5GT/S)×4レーン
消費電流 +12V 1.5A、+3.3V 1A
使用環境 温度:0℃ ~ 50℃、湿度: 35% ~ 85% (無結露)
外形寸法 168mm×112mm、パネル幅20mm(突起物含まず)
対応OS WindowsXP/Vista/7 各32/64bitに対応
ソフトウェア(オプション) 開発キット:SDK-AcapLib2

※1:一部のカメラでは別途ハード/ソフトでの並び替え処理が必要となります。

フロントパネル
イメージプロセッサユニットPSM-3318-02


PSM-3318-02はAPX-3318に搭載するFPGA画像処理/画像分配オプションユニット。
項目 ブロック図 リンク


APX-3318により取り込んだ画像データを、FPGAによる高速画像処理と共に、 処理前/処理後のいずれかの画像データをCamera Link フォーマットで出力します。 FPGAのデザインは当社で実績のある様々な処理の搭載だけでなく、 専用開発パッケージを用意しておりますので、お客様自身でのカスタマイズも可能です。
FPGAのカスタマイズに関して詳しくはこちらのページより

イメージプロセッサユニットPSM-3318-Ri


PSM-3318-Riは、画像処理に特化した高速並列処理エンジンを持つLSIを使い、プログラミングによる画像処理を実現するユニット。高速で画像データを取り込むフレームグラバボードAPX-3318に、本ユニットを搭載することで、ユーザー独自の画像処理システム構築を容易にします。
詳しくは→こちらへ

対応カメラメーカー

Adimec, BASLER, CIS, DALSA, e2V, JAI/PULNIX, NED, 池上通通信機, エクセル, センサテクノロジー, ソニー, 竹中システム機器, 東芝, 東芝テリー,日本ローパー, 浜松ホトニクス, 日立国際電気, フローベル
(2009.03現在、上記、各社のカメラを接続テスト継続中です)
詳しくは営業までお問い合わせください。

その他の資料
注釈: 

◎記載された仕様及び外観は予告無く変更される場合が有ります。
◎消費電流には突入電流を含んでおりません。
◎正しく製品をお使い頂くため、ご使用の前に必ず取扱説明書をお読みいただき、製品保証範囲内でご使用ください。

TOPへ