PCI Express
画像入力ボード
Camera Link I/F対応ボード

Camera Link I/F
Base/Medium/Full入力対応
GPU画像処理ボード

APX-3323GPU
NEW

rohs対応 CameraLink

製品の特長: 
SoM として NVIDIA 社 Jetson TX1 使⽤
Camera Link BASE/Medium/Full Configuration×1ch(PoCL 対応)搭載
ストレージとして M.2SSD、および、micro SD を搭載可
GPU の CUDA 資産が流⽤可能
多くの無償 CUDA ライブラリが利⽤可能
GPU メモリに直接画像転送可能
APX-3323互換 I/O コネクタをパネル側とリア側に搭載
PCI Express I/F は PCI Express GEN2 (5Gbps) 4 レーン対応
製品の主な仕様

型名   APX-3323GPU-TX1
画像処理プロセッサ NVIDIA Jetson TX1 SOM (System On Module)
Tegra X1 搭載 (64bit ARM Cortex-A57 CPU、256 Core GPU (Maxwell アーキテクチャ))
フロントパネルI/F 画像⼊⼒I/F Camera Link Base/Medium/Full Configuration×1ch
(SDR26pin コネクタ×2、PoCL 対応)
USB3.0 1ch
LAN 1ch
MEMORY DDR2-SDRAM 256MB(Camera Link Controller Work Memory)
オンボードI/F I/O APX-3302 互換外部トリガ⼊⼒/汎⽤⼊⼒/エンコーダ⼊⼒
COM 1ch(BOX HEADER 10pin)
USB2.0 1ch
micro SD 1ch
mini DisplayPort 1ch
割り込み 画像⼊⼒開始、DMA 終了、GPIN 等
システムbus PCI Express2.0 ×4(Gen2) 5.0GT/S
電源 +12V±8% ※外部+12V コネクタ使⽤(PoCL ⽤)
消費電流 +12V:2A Max ※PoCL は除く
使用環境 温度: 0℃ 〜 50℃湿度: 35% 〜 80% (無結露)
外形寸法(基板) 254mm×111.15mm (2slot)
環境対応 RoHS
ソフトウェア概要 GPU 側
Jetson
Development Pack
JetPack 2.3.1
OS Ubuntu 16.04 LTS 64bit、Kernel Ver 3.10.96
CUDA Ver 8.0(8.0.34)
付属ツール VisionWorks 1.5、Tegra System Profiler 、Tegra Graphics Debugger、OpenCV4Tegra 2.4.13、Multimedia API v24.2.1、cuDNN v5.1、Tensor RT
SDK-AcapLib2-TX1 LinuxキャプチャーSDK
 ※プリインストール

注)Windows未対応

フロントパネル
開発環境に関して

APX-3323GPU上にはLinux(Ubuntu)とLinux SDK、CUDA開発環境(CUDA Driver)が既にインストールされておりますので、オンボードからグラバ制御とGPU処理を行うアプリケーションを開発することができます。

APX-3323GPUを使用したDeep Learning応用例

APX-3323GPU上に、株式会社システム計画研究所(ISP)社様のDeep Learning応用外見検査ソフトウェア「gLupe(ジールーペ)」を搭載した 不良品検査システム事例をご紹介いたします。

その他の資料
注釈: 

◎記載された仕様及び外観は予告無く変更される場合が有ります。
◎消費電流には突入電流を含んでおりません。
◎正しく製品をお使い頂くため、ご使用の前に必ず取扱説明書をお読みいただき、製品保証範囲内でご使用ください。

TOPへ

資料請求

フォームが表示されるまでしばらくお待ち下さい。

恐れ入りますが、しばらくお待ちいただいてもフォームが表示されない場合は、こちらまでお問い合わせください。