その他
マトリックススイッチ
2Gbps対応マトリックススイッチ
AGS-7310
生産終了
AGS-7310はGiGA ChannelシリーズのMatrix Switchです。光ファイバを使用してループ状に接続する形態をPtoPの接続形態にします。AGS-7310を使うことでケーブル断線時も経路変更して通信障害を回避できます。回線経路の再構築はUSBインターフェイスを経由して容易に操作できます。


rohs対応 特許取得済

製品の特長: 
2.125Gbps光インターフェイスを最大10チャンネル実装可能
ホストインターフェイスとしてUSB(2.0)を実装し容易にレジスタへアクセス可能
仮想Masterノード(最大3ノード)をスイッチ内部に実装し回線を コントロール(グループ設定が可能)
回線障害個所を特定するための回線診断回路を実装
カスケード接続による経路の拡張が可能
AGS-7310 によるGiGA CHANELLボードのPtoP接続

PtoP接続

AGS-7310を使うことで、GiGA CHANELLボードを右の図[1]のような従来のループ接続から[2]のようにPtoP接続にして、障害によるシステム全体の停止を回避します。

[1]
[2]
AGS-7310 の自動リンク機能

AGS-7310には、自動リンク機能により現在リンクしているノードに断線が起きた場合、 ハードウェア的に断線を感知し、その他のリンク可能なノードで新たなリンクを自動構成することが出来ます。 たとえば、図のようなAGS-7310に、4つのノードが接続されていて、 リンクが確立している場合。ノード2の経路が断線し、リンクが切れた時、 マスターノードが各ノードに対し、PtoPで接続しリンクが確立できるかを検索し始めます。 正常にリンクできるノードの検索が終了すると、通信不可能なノードを除いたループの再構成を行い、 リンクの確立を行います。

製品の主な仕様
型名 AGS-7310
I/F USB2.0
通信形式 伝送速度:2Gbps~6Gbps*
伝送モード:Optical
最大ノード間距離:300m ※1
レーザー形式:850nm VCSEL
レーザー安全規格:Class 1
通信コネクタ&ケーブル ファイバ径:50μm
コネクタ形式: LCコネクタ
通信プロトコル 独自プロトコル
状態表示LED リンク/アクティブ/グループ
外形寸法 基板サイズ : 148.0mm×148.0mm(突起物を含まない)
消費電流 +24V : 600mA (Max)
動作環境 ※2 温度: 0℃ ~ 50℃、
湿度: 35% ~ 80% (無結露)
サポートソフトウェア GiGA Switch設定ツール(Windows用):機能=グループ設定/リンク確認等

※1:使用する光ケーブルのファイバ径(50μm/62.5μm)により、ノード間距離は異なります。
※2: 保管環境 温度: -20℃ ~ 70℃、湿度: 35% ~ 80% (無結露)

接続可能製品


AGS-7310は下記の製品と接続することができます。プラットフォームの異なる製品間やシステムで容易にメモリ共有する事ができます。

PCI bus製品:APC-732A-2G リンク
PCI bus製品:APX-721A-1 リンク
PCI bus製品:APX-721LP1 リンク
オンボードカード製品:AGM-730-2G リンク

その他の資料
注釈: 


◎記載された仕様及び外観は予告無く変更される場合が有ります。
◎消費電流には突入電流を含んでおりません。
◎正しく製品をお使い頂くため、ご使用の前に必ず取扱説明書をお読みいただき、製品保証範囲内でご使用ください。

TOPへ