職場の先輩:SYさん

sy

第一開発部
2010年入社
電気通信学部 情報通信工学科卒

長い社会人生活の中でどんな知識が必要になるかは、
数年の学生生活では分かりません。
選り好みせず、様々な勉強をしておくと良いと思います。

わたしの仕事の内容

sy

 光通信を利用して、複数のPCやシステム間でデータを共有することが出来る、自社製品のH/W設計を行っています。また、評価やデバッグをするために、簡単な基板やケーブルを自らはんだ付けする作業も行っています。

職場の雰囲気

 基本的には、集中してそれぞれの仕事に取り組んでいます。先輩や上司に、相談できる人がとても多く、助言を受けたり、質問したりすることが非常にしやすい環境だと思います。

アバールに決めたポイント

sy

 就職活動をする以前から、漠然と「ものづくり」に関わる仕事をしたいと考えていました。独自性の高い自社製品の設計を行っているということで、新しいモノを設計することに携われると感じたのが決め手の一つです。

これからの目標

 設計しやすく、製造しやすく、使いやすい製品を作ることが目標です。
  会社という組織に所属している以上、使える時間もお金も、限られたなかで設計を行わなければいけません。特にH/W設計では、部品一つの値段で製品の値段も上下し、設計・製造しやすい部品を選定しないとミスや不良品の原因となってしまい、余計なお金や時間がかかってしまいます。そういった無駄を省いた設計を行うための知識と経験を積みながら、会社と自分を成長させていきたいと思っています。

sy

学生の皆さんへのメッセージ

 学生時代に勉強したことが、そのまま仕事で使えることは滅多にないと思いますが、それらを土台にして、新しい技術や知識を多く身につけることができると感じています。社会人になってから勉強することの密度は濃いです。

 当社の魅力は「モノをつくる」ことを最初から最後まで見届けられることです。作りっぱなし、書きっぱなしで子会社に流すのではなく、評価も自分、どう作るのかを考えるのも自分たちで行います。工場の方とも直接相談することができます。仕事を進めていく上で、H/WとS/Wどちらの知識も必要になります。責任は重大ですが、やりがいがあります。

 最後に、就職活動は、やりたいことをしっかりと持っていた方が良いです。軸を一本もって取り組んでみてください。そして、やりたいことがあって、言った上で、もし結果すぐにそうなれなくても、腐らずに最後まで取り組むことも大切です。