職場の先輩:TMさん

第一開発部
2012年入社
電子技術科卒

身に着けた知識や技術を使って設計した製品が、
自分の思った通りに動いた時はとても嬉しく感じます。

わたしの仕事の内容

 主に回路設計、FPGA設計を行っています。
回路設計では、各部品がどの部品と接続されているかを示す回路図と、基板形状等を示す基板外形図の作成を行います。それらの図面を基に、レイアウトを行う部署においてパターン設計を行い、その後、工場で実基板が製造され、その基板を自分で評価する、というのが基本的な流れになります。
 FPGA設計は、部品内部の回路をユーザが作成することが出来るFPGAという部品の設計を、HDL(ハードウェア記述言語)を用いて行います。
設計したFPGAはシミュレーションソフトを用いてPC上で動作の確認をして、問題が無ければ基板で実際に動作確認を行います。

印象に残っている仕事

 初めての製品開発です。回路設計及び評価を行ったのですが、全てのことが初めてで、お客様の要求仕様書や、部品のデータシートを読んで理解することにすら、四苦八苦したことをよく覚えています。 その結果、製品開発としては問題無く完了できたので、とても印象に残っています。

仕事の難しい点、やりがい

 書籍やインターネットには膨大な量の情報がありますが、その中から今の業務に必要な知識を取捨選択して身に着けることが難しく感じています。 理想を言えば、全ての知識を身に着けられれば良いですが、それは難しく、開発期間内に調べ物をする時間は限られているため、業務を進めるために最低限必要な情報はどれなのかを見極め、効率良く業務を進めるためにはどうしたら良いかを考えることに苦心しています。そうして身に着けた知識や技術を使って設計した製品が、自分の思った通りに動いた時はとても嬉しく感じます。

職場の雰囲気

 基本的にはPCに向かっての作業が多いため、始業時間内は各々淡々と業務を行っていて、必要な確認や、相談があれば、話をしているといった感じです。休憩時間には集まって談笑していたり、定時後には有志の方が集まりレクリエーションを行ったりと、メリハリのある働きやすい職場だと思います。

アバールデータに入社を決めたポイント

 学生の時に学んだことをそのまま仕事でも生かしたいと思っていて、回路設計、FPGA設計の両方を行うことができそうな会社を探していました。 その中で、アバールデータが一番堅実な会社だと感じ、入社を決める大きなポイントとなりました。

学生の皆さんへメッセージまたはアドバイス

 会社で必要とされる知識は、学校だけで学びきれるものではないと思います。 開発業務に必要な知識は、入社してから学んでも充分間に合うこともありますので、学生の期間には、知恵や思考力、判断力、応用力などを伸ばせるように意識して生活するのが良いと思います。