職場の先輩:FKさん

fk

第二開発部
2011年入社
情報通信工学専攻修了

初めて触れる技術を前提に
机上の設計段階で動作保証できることが必須ですので、
非常に難しいです。
しかし同時に、それがいかにも技術を触っているという感覚で、
最も面白い部分だとも感じています。

わたしの仕事の内容

fk

 工場の生産ラインの様子などをTV等でご覧になったことはあるでしょうか?弊社ではそのような産業機器に使用される製品を開発しています。その中で私は、特に画像製品に搭載される画像処理機能を、デジタル回路で設計・開発する業務を担当しています。

印象に残っている仕事

 初めて自分が設計の主担当となった仕事です。経験が足りていなかったため、技術的にも業務の進め方という意味でもどのように考えればよいかが分からず、非常に苦労しました。周囲にサポート頂き何とか開発を進めることが出来ましたが、学ぶことが多く、何より仕事に対する考え方が大きく変化した仕事でした。

仕事の難しい点、やりがい

fk

 実際の開発では、開発開始時点での自分の技術力で全て解決できる状況はほぼありません。社内で保有している技術であればまだ相談できる人がいますが、そうでなければ技術的課題に対する解決法は全て自分で調査、提案する必要があります。初めて触れる技術を前提に机上の設計段階で動作保証できることが必須ですので、非常に難しいです。しかし同時に、それがいかにも技術を触っているという感覚で、最も面白い部分だとも感じています。

職場の雰囲気

 様々な相談に快く応じて頂ける先輩方ばかりで、非常に仕事を進めやすい環境です。また仕事中は集中して取り組み、休憩時には和気あいあいと、メリハリもしっかりしています。

アバールデータに入社を決めたポイント

学生の時に画像処理に関わる研究室に所属していました。また実際にモノを作る開発業に携わりたいという想いがありました。そんな中、インターンシップとしてアバールデータの開発現場に触れ、社風も合っていると感じたため入社を希望しました。

学生の皆さんへメッセージまたはアドバイス

fk

 私の場合、入社時点で既に会社の雰囲気を知っていたため、非常にスムーズに環境に慣れ、仕事内容と志望のミスマッチも生じませんでした。環境に恵まれたのは間違いないですが、実際に足を動かした結果だとも思います。今はWeb等で情報が簡単に手に入りますが、自分が直接感じたもの以上に信じられ、納得出来るものはありません。就職活動に限らず、様々なことを自分で体験することをお勧めしたいです。